医療従事者KeiSのブログ

医療の科学的根拠をテーマにしたブログです。 柔道整復師が勉強のために研究論文を読んで記事にしています。

Interventions for managing halitosis【口臭管理について】



今回は口臭管理について

口臭を管理することは、健康上の問題だけではなく、コミュニケーションにおいても無視できない問題になることがあります。

現状、あらゆる口臭対策が為されていますが、何が効果があるのかはやってみないことにはわからないことが殆どです。

あたかも奇跡的な効果を謳うような商品も存在し、何が正解なのかわかりません。

紹介するレビューでは、数種類の介入に対し効果を評価しているものになるため、口腔ケアのヒントになるかもしれません。


研究の内容


このレビューには、44件の試験が含まれており、1809人の参加者を対象に介入とプラセボ、または対照群と比較したものになります。


参加者の年齢は17~77歳の範囲です。


ほとんどの試験は、短期間のフォローアップ(1~4週間の範囲)について報告しています。

このうち、1件の試験のみが長期の追跡調査(3か月)を報告しています。


機械的創傷清拭、チューインガム、全身脱臭剤、局所剤、練り歯磨き、うがい薬/うがい薬、錠剤、および併用法として分類されたさまざまなタイプの介入を比較していました。


機械的デブリードマン

機械的舌洗浄と舌洗浄なしの場合、歯科医が報告したOLTスコアのエビデンスは非常に不確実なものとなっていました。

患者が報告したOLTスコアまたは有害事象に関するデータは報告されていません。


チューインガム

0.6%のユーカリチューインガムとプラセボチューインガムの場合、歯科医が報告した結果のOLTスコアのエビデンスは非常に不確実なものとなっていました。

患者が報告したOLTスコアまたは有害事象に関するデータは報告されていません。


全身脱臭剤

 1,000 mgのシャンピニオンプラセボの場合、患者が報告したVASスコアのエビデンスは非常に不確実なものとなっていました。

歯科医が報告したOLTスコアまたは有害事象に関するデータは報告されていません。


外用剤

ヒノキチオールゲルとプラセボゲルの場合、歯科医が報告した結果のOLTスコアのエビデンスは非常に不確実なものとなりました。

患者が報告したOLTスコアまたは有害事象に関するデータは報告されていません。


練り歯磨き

0.3%トリクロサン練り歯磨きと対照練り歯磨きの場合、歯科医が報告した結果のOLTスコアのエビデンスは非常に不確実なものとなりました。

患者が報告したOLTスコアまたは有害事象に関するデータは報告されていません。


うがい薬/うがい薬

クロルヘキシジンと酢酸亜鉛を含むうがい薬とプラセボうがい薬の比較では、歯科医が報告したOLTスコアのエビデンスは非常に不確実なものとなっていました。

患者が報告したOLTスコアまたは有害事象に関するデータは報告されていません。


タブレット

この比較の主要な結果に関するデータは報告されていません。


組み合わせ

ブラッシングとセチルピリジウムマウスウォッシュ対ブラッシングの場合、結果の歯科医が報告したOLTスコアのエビデンスは不確実でした。


患者が報告したOLTスコアまたは有害事象に関するデータは報告されていません。



レビューアの結論


プラセボまたは対照と比較して、口臭を管理するための介入の有効性を裏付ける、低から非常に低確実性のエビデンスが、OLTおよび患者から報告された結果についてテストされました。介入や集中の優位性に関して結論を​​出すことはできませんでした。十分に計画されたRCTは、介入と濃度を標準化することによって実施する必要があります。


まとめ 


上述の内容として、どの介入の結果も不確実なものであったという記述をしていますが、これにはほとんどの研究で結果は出ていたけど、設定された数値などの不均一さから、結論を出すには不確実なものであることという内容です。

一部の商品や手法などで、こういった効果がありました!という記述をみたら、そういった裏付けもあるから大丈夫か、と安心して実践してみても結果が出ないということが結構な割合で起こる可能性を示唆しています。

口臭ケアに取り掛かる時は、セルフケアから始めるよりは、歯科治療などの問題から検討した方が良いのかもしれません。


Kumbargere Nagraj  S, Eachempati  P, Uma  E, Singh  VP, Ismail  NM, Varghese  E. Interventions for managing halitosis. Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 12. Art. No.: CD012213. DOI: 10.1002/14651858.CD012213.pub2.